FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残留ハクチョウ数

 2009年のゴールデン・ウィーク以来、瓢湖には27羽のハクチョウが残留していました。2009年は夏場に数を減らすこともなく順調に推移しましたが、10月のハクチョウ飛来後に、1羽が亡くなったようでようです。おそらく、それは、最近姿が見えないオオハクチョウのボスである可能性が高いと思われます。
 現状では、多くの飛来ハクチョウがいて、残留ハクチョウの数は確認できません。この冬も、ある程度の数の減少はあるものと推測されます。寒くなると食料の確保は難しくなり、体力的にも厳しくなるからです。
 雪が降る前は、残留組の中でも、体力のあるものは、近くの水田へ歩いて移動し、食事をしている姿を確認していますが、現状では、それも難しいかもしれません。
 個別的に見ると、残留組でも、飛翔することのできる、コハクチョウのカナやタマについては、問題はないでしょう。そのほかのコハクチョウでも元気な個体は、時々姿を瓢湖で確認できます。また、オオハクチョウのモモとダイは瓢湖に留まっているようで、元気なようです。オオハクチョウのイチローとジローは姿を確認できません。ジローも飛翔には支障ないので、移動して行った可能性もあります。
 ハクチョウのほかでは、アヒルが既存組の2羽(1羽は黒いアイガモ)のみで、2008年の秋からいる3羽のアヒルは姿を確認していません。ただ、その内の1羽と思われるものが、まだ、瓢湖にいる可能性はなきにしもあらずです。
スポンサーサイト

COMMENTS

はじめまして

はじめまして、がぁも研究員と申します。
わたしは東京に住んでいるのですが、昨年の11月に四回目の瓢湖に行きました。
 東京にもどってきてから、Swan Songさんのブログなどをとおして、カナちゃんなどみなさんにかわいがられているハクチョウがいることを知ったのですが、自分の撮ってきた写真を見なおしたところ、カナちゃんが写っていておどろきました(^^ゞ

瓢湖にまた行きたいとおもっているのですが、なかなか行くことができず、どのような様子か知りたくてインターネットで検索していたら、ここにたどりつくことができました。
今後ともよろしくお願いいたします。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。