FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥インフルエンザ

日本中に白鳥の鳥インフルエンザ問題が、波及しているようです。
どうも、カモと一緒にいるのがよくないようで、カモは鳥インフルエンザに耐性があるのに、白鳥にはないということらしいですね。
まあ、白鳥もカモの仲間なのですが、本来は同じ場所で生息する鳥ではないらしく、白鳥の餌付けをするようになってから、お隣さんになったようです。
餌付けでメタボ白鳥になって、成人病もどきで死亡する例もあるそうですから、餌付けのあり方については、これから考えてゆく必要がありそうです。パンなどではなく、もっと栄養バランスのよい、緑黄色野菜などをあげればいいのでしょうけれど、コストと手間がかかることと、白鳥が食料として認識するかどうかという問題があり簡単ではないでしょう。
海外では、コーンを求餌しているところもあるようですが、日本の白鳥がコーンを食料として認識するかどうかはわかりません。
福島潟のようにマコモを増やして、オオヒシクイを呼ぼうというのは、正統派といえるでしょう。冬の間も田圃から水を抜かないで水鳥の食料を確保して、白鳥を呼ぶというのが、一つの解決策となるかもしれません。
自然のバランスを崩すと、それはやはり人間に影響が及ぶ。人も自然の一部なのだということかもしれません。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。