FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルビア50を使ってみました

ISO50の新しいベルビア、135タイプが出たということで、使ってみました。対比のためにトレビも一緒に使用してみました。
現像からあがってきたスリーブを見ると、確かにベルビアの方が少し色が濃い感じがします。原色についてはとくにそうです。これは、ベルビアの実効感度が若干低いためではないかとも考えることもできます。
白については、撮影した白鳥のハイライトを見ると、まあ、白です。しかし、ハイライトから少し陰になってゆく過程で、ベルビアもトレビも色が転んで行きます。その癖がだいぶ違うような気がします。トレビは素直にその日の曇りの天気に合った変化と思います。ベルビアはなんとなくそれをキャンセルしようとするような感じです。どっちらがいいとは言えません。それは好みの問題です。ただ、トレビは少し露出を切り詰めるとどうなるか興味があるところです。

ところで、デジタルでも、白鳥の影の部分は、妙な色にかぶることがあるので、ポジフィルムは健闘していると思います。デジタルでは、RAW現像の過程で、色温度を調整し、グリーンかぶり、マゼンタかぶりを適当に補正すればいいわけですが、はっきり言って、正解と言えるようなものはないでしょう。迷った時には、ポジフィルムの見解を参考にするのがいいかもしれません。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。