FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポストカード・プロジェクト

久しぶりにブログを書いたついで、ちょっと書いておきます。

最近、瓢湖の白鳥の絵葉書を作ってみました。
地元のK先生からお話があったので、とりあえず、ためしにインクジェットプリンターで印刷。
で、作ってみると意外なことがわかりました。

メーカーのスペック表示では、ハガキ1枚あたり、写真印刷したとしても、用紙代も含めて40円程度です。たしかに、ハガキに乗っているインクのお金だけならその値段で行けるでしょう。でも、実際は、インクノズルが詰まるのを防止するため捨てられるインクの量が半端ではありません。フォトブラックとマットブラックを切り替える時の廃インクはさらに多いです。結局実際のランニングコストはかなり高くなります。

テスト打ちは染料の安いプリンターで印刷し、仕上げは顔料の高いプリンターで印刷したのですが、出てくる絵の見かけは、殆ど差がありません。ひょっとして、染料の方が少し明るくヴィヴィッドでかえって綺麗かも。しかし、これをルーペで拡大してみると、差は歴然。高い顔料プリンターはそれだけの価値があるんだねぇと納得。仕上げたものは、FUJIFILMの「画彩マット仕上げはがき」に各10枚印刷して終わりにしました。

でもまあ、「画彩マット仕上げはがき」は綺麗なのですが、紙がちょっと薄く、もうちょっと高級感が欲しいなぁと感じました。そうなるとコットン紙とか和紙になってしまいますが、絵手紙用には、画材店でリーズナブルな製品が手に入りますが、写真用にはそもそもハガキサイズがないか超高級の手漉き和紙になってしまいます。紙こそがプリントの死命を決する最重要ポイントでなんですが、作品をハガキサイズにプリントしようという需要はあまりないのでしょう。

それじゃぁと、フィルム紙に思入れがあっったので試にヨドバシカメラに見に行くと、昔懐かしいFUJIFILMのフィルム紙などもう売っていません。そのかわり、PICTORICOとKOKUYOのが置いてありました。コクヨさんのほうが2Lが置いてあったのでそちらを買うことにしましたが、ふと見ると黒い和紙にグルグル巻きにされた怪しげな紙が。ついでに面白そうだからと買ってきたのが、PICTRANという局紙という和紙を使ったハガキサイズの紙です。表面のテクスチャーが独特で、これに印刷すると、これって油絵?って感じになります。すごい紙なんですが、問題もあります。テクスチャーに負けない絵柄でないと厳しいです。紙のテクスチャーに打ち勝って、訴えかけるような絵でないと逆効果かも。ということでポートレートなんかには向きません。ただ、リチャード・アベドンみたいなシュールなボートレートならいいかも。

ちなみに値段のことを書いておくと、PICTRANのハガキサイズは1枚あたり54円くらいでしょうか。コクヨのフィルム紙2Lは在庫処分みたいで1枚あたり100円くらいででした。ちょっとお高い紙なので、勝負紙に使ったら面白いかも。



スポンサーサイト

生存率が高すぎるのも問題

最近、少しは、鳥の関係の本などを読んでいます。

瓢湖にはヒナ10羽のカルガモ親子がいて、2週間くらい前から、ヒナ10羽のままです。別のカルガモ親子はヒナ2羽になっているものもあります。

大体、自然界に出て行くと、ヒナの数はあっというまに減り、究極的には2羽が残ればおんのじということになっていると本に書いてありました。もし、平均的に3羽生き残るようなことがあると、あたりはたちまちカルガモだらけになって大変なことになるということだそうです。もっとも、これは理屈上の話で、どこかで、バランスがとれるわけです。ただ、カルガモについては、現在平衡点にあるとするなら、やはり、そう多くは生き残れないのが環境が保たれている状況証拠ということになります。つまり、あまり生存率が高いということは、カルガモを食べるような生物が減少してきているというおそれもあるわけです。

ただ、瓢湖には雷魚もいるし、カラスもいるので、2週間も数が減らないというのはたいしたものです。それ以外の天敵がいなくなったのか、それとも子育てが上手な個体なのでしょう。

ところで、ハクチョウですが、瓢湖は冬の時期には食糧が不足するらしく、毎年ケガをしたハクチョウが追加されるにもかかわらず、瓢湖で夏を過ごすハクチョウは30羽前後で推移しているとの話を聞いたことがあります。もちろん、瓢湖では冬もハクチョウに餌をやっていますが、こうした餌を食べれるのは体力のある個体のみで、絶対的な量は不足しており、通常は、田圃に食事に行かないと餓死することになっているそうです。結構厳しいようですが、それでもハクチョウの飛来数はずっと増加傾向にあるようですから、実際のところ、日本各地で行われているハクチョウへの給餌が、自然のバランスをくずしているのかもしれません。ただ、ロシアのシベリア開発にともなって、今後は、ハクチョウにとっても繁殖が厳しい時代をむかえるかもしれず、話は簡単ではありません。

瓢湖がラムサール条約に登録された場合、どのような対応になるのか興味深いとろこです。個人的には現状を変えて欲しくはないのですが、瓢湖の環境も年々変化しているようですので、野鳥と人間にとってよりよい環境を整えるという方向ならみんな幸せになれるのかもしれません。

瓢湖個体識別080525

5月24日、25日の土日の瓢湖個体識別

この時期ハクチョウの個体識別は、かなり困難な状況です。
人間に依存しないで食事を確保できるため、人間にはあまり近づきません。
現状簡単に識別できるのは、よほど特徴のある個体のみです。

最近は、片目のジャックを判別することは困難で、存在を確認できません。

気になるのは、瓢湖ただ一羽のバリケン、ナポレオンの姿が確認できなかったことです。この鳥も、特に問題があるわけではなく、いつでも、移動できるはずですから、いなくなっても不思議ではありません。

自然界は、変わらないようで、すこしずつ変化しているようです。

homepage & blog

昨日は、所属する写真クラブの home page と blog を作ってみました。といっても内容は去年のものですが。

フォトクラブ・トップマウンテン
同上 ブログ

FC2は、簡単にこうしたものが作れてとても便利です。特に、home page が 1G あるのは、大きいですね。写真関係は、容量がかさみがちなので。


Google アラートは便利です。

最近、白鳥の鳥インフルエンザが問題となっているので、白鳥 に関する Google ニュース アラートを設定しています。これで、テレビのニュースでは取り上げられないような、白鳥に関するニュースを読むことができます。
鳥インフルエンザについては、依然、警戒を要する状況のようですが、暖かくなって、渡り鳥の活動が盛んになり、海外からも多くの鳥が渡ってきていることが原因の一つのようです。海外で感染して、日本で死亡するパターンがもっとも可能性が高いようです。日本で感染して、日本でその感染が拡大するような状況にならないよう皆さん警戒しているようです。
一方で、日本ではかなりの数の白鳥が繁殖していることがわかりました。もっぱら、コブハクチョウですが、これは意外な発見でした。ひょっとして、オオハクチョウやコハクチョウが繁殖しているところもあるのかもしれません。
ただ、瓢湖の状況を見ていると、天敵と食料面で問題があるのかもしれません。瓢湖に居残っている白鳥は、冬の間は、自力で食事していませんから、ちょうど、卵を産む時期に栄養状態が良くないのかもしれません。また、カラスも多く、たとえ産卵しても孵すのは難しいかもしれません。
ということで、もグーグル アラートは便利です。自分のテーマに近いものを登録しておけば、情報通にはなれます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。